サダムパテック 前目で流れに…

サダムパテックは前走のスポニチ賞京都金杯で5着。スタートで後手を踏み、道中掛かり気味になりながら、しまいはしっかり脚を使っていた。西園師は「力はある馬だしね。鳴尾記念(3着)のときのように前めで流れに乗っていければ」と反撃の構え。東京では東スポ杯2歳S1着、皐月賞2着と良績。コース替わりもプラスだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more